「走行距離がだいぶ伸びてきた」とか「家族構成が変わった」など

「走行距離がだいぶ伸びてきた」とか「家族構成が変わった」など、車の買い替え時を迎えた時、あまり深く考えずにディーラーに任せる人は多いのですが、実はそうするよりも専門の買取業者を使った方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、一般に知られるようになってきました。

直接お店に足を運ばなくても、パソコン、スマホなどを利用してネット上で大体の査定額がわかるようになっています。Read More →

トラックや営業車は別として、個人所有

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。
走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行といって金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。Read More →

頑張って複数の会社に査定してもらったのにほとんどゼロ

頑張って複数の会社に査定してもらったのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車、事故などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。複数業者にタダ同然の査定結果をつけられたも、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。Read More →

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費

たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動です。

自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自動を所有していなくても交通の便に不自由しないならばを売ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。Read More →

買い取り業者による実車査定の際メーカーや車種は当然と

買い取り業者による実査定の際メーカーや車種は当然として、それだけでなく、検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも基本中の基本です。

それから、例えばエアコンの効きからウインカー、そのものの動作に至るまでチェックは行われ、エンジンルームも入念な点検が行うことになっていますし、そうした作業も含めると、車の査定には少なくとも15分、おおむね30分は見ておいた方がいいかもしれません。Read More →

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は業者

の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は業者の査定ではマイナスとなります。

減点の目安としては、多走行と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。Read More →