プロのスキルを持った中古車査定士には簡単な嘘はあっと言う

Sticky

プロのスキルを持った中古査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてでまかせを言っても確認すれば判明します。

ヤリスクロス 値引き 相場

Read More →

親世帯と同居することになったのでもっと荷物が運べて大

親世帯と同居することになったのでもっと荷物が運べて大勢乗れるに買い換えました。
いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが買い換え自体初めてだったので、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと即決してしまったのです。Read More →

所有者が絶対に中古車査定の際には立ち会う必要があるなどとす

所有者が絶対に中古査定の際には立ち会う必要があるなどとするルールこそないものの、やはり本人不在で起こりうるトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、実査定には所有者が同席するようにしましょう。今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、自分で傷を捏造して買取値を安く下げようとした例もあります。Read More →

大企業の中古自動車販売店においてはプロ用で

大企業の中古自動車販売店においてはプロ用ではない一般者向けの査定アプリケーションを考案してリリースしていますが、プロ向けの業務用査定支援アプリケーションもあるのです。

この本格的なアプリは、中古査定業務歴が深くなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。Read More →

初めて車検を受けて国に登録した年を初度登

初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数でこの車は何年落ちだなどと言います。

実際には製造年からカウントするのでなく、初年度登録(検証を見るとわかります)がベースなのでうっかり間違えないように気をつけましょう。Read More →

売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビ

売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。
但し、古い種でなければカーナビは標準装備になっていることが多いため、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。Read More →