車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、平均で1年

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、平均で1年間に1万キロ以上走っている、一般好みされない体色である、体になんらかの傷や汚染が見られる、破損しているパーツがある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。
特に、故障等での修理がなされているかどうかはマイナス査定の要因となります。Read More →

これならいいだろうと思える査定金額に達し、

これならいいだろうと思える査定金額に達し、売買契約に署名捺印するとなれば、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。また、軽自動は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意しなければいけません。Read More →

個人売買だとトラブルが起こる可能性も

個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人間で売買をする場合には、車の納品に関わらず、代金を回収できなかったり、代金を支払ったのに車を渡されないといったリスクがあります。Read More →