トラックや営業車は別として、個人所有

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。
走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行といって金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。Read More →

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は業者

の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は業者の査定ではマイナスとなります。

減点の目安としては、多走行と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。Read More →